犬のアトピーのオクスリ!

 

犬のアトピーのお薬です!

 犬のアトピーの治療、なかなか大変です。どうしてもお薬に頼らないといけないわけですが、強すぎると言われるステロイド系のお薬を避けて、最近では非ステロイド系のシクロスポリン成分のお薬を使う場面も多いです。 犬のアレルギーの原因を取り除くべく努力しているところなのですが、しばらくはお薬が必要になりそうです。 それにしても犬用とはいえ(犬だから?)お薬がベラボーに高くて困っていました。犬の健康保険って大抵入っている方は少ないですから、人間の場合より大変だったりします。

 

「こんなとき、ペット保険に入っていればよかったのに…」と思っている人はこちら

 

 

 犬のアトピーに効くお薬ですが、犬猫病院でもらうものと同じものが今ではインターネットの通販でも便利に購入することができます。しかも、犬猫病院で購入するより、かなりお安く買うことができます

 

 

ペット用医薬品の海外個人輸入サイトのお店
 通販なので心配でしたが、お店から商品の発送状況を逐次連絡してもらえるので、安心して商品の到着を待つことができました。 信頼と価格の点で、オススメのお店です。ちょっと調べるとわかりますが、他のペット薬を扱うネットショップよりかなり割安になっています。

 

 

 

 

アトピカ Atopica
Atopica(アトピカ)は、ノバルティス社の犬のアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患などの非ステロイド系の免疫抑制剤で、皮膚のかゆみなどのアトピー性皮膚炎の症状を緩和します。 免疫抑制剤である主成分シクロスポリンは、もともと人のアトピー治療薬として使用されていましたが、日本では犬用のアトピー薬として2006年から使用開始されました。

アトピカ10mg超小型犬(体重2?4kg)
アトピカ25mg

 

 


アトピカ50mg
アトピカ100mg

 

 

 

 

アトペックス Atopex
 ATOPEX(アトペックス)は、ノバルティス社「アトピカ(Atopica)」と同主成分となるシクロスポリン配合の非ステロイド系の免疫抑制剤です。アレルゲンに対して犬に過剰に反応してしまう免疫系皮膚細胞の働きを抑制し、犬の皮膚のかゆみなどのアトピー性皮膚炎の症状を緩和します。製造メーカーCipla(シプラ)社は、インド第2位の大手製薬会社で、世界的な薬品会社です。アトピカと同じ成分を含みますが、アトピカより安く購入することができるジェネリック系のお薬です。

アトペックス(Atopex)25mg
アトペックス(Atopex)50mg

 

 

 

シクロフィル Cyclophil
CYCLOPHIL ME(シクロフィル)は、動物医薬品のアトピー性皮膚炎症状を緩和するノバルティス社「アトピカ(Atopica)」と同主成分となるシクロスポリン配合の非ステロイド系の免疫抑制剤です。アレルゲンに対して過剰に反応してしまう免疫系皮膚細胞の働きを抑制し、犬の皮膚のかゆみなどのアトピー性皮膚炎の症状を緩和します。アトピカと同じ成分を含みますが、アトピカより、安く購入することができるジェネリック系のお薬です。

[ネオーラルジェネリック]シクロフィルミー(CyclophilMe)25mg
[ネオーラルジェネリック]シクロフィルミー(CyclophilMe)50mg
[ネオーラルジェネリック]シクロフィルミー(CyclophilMe)100mg

 

 

 

アポクエル(アポキル)
アポクエル(アポキル錠)は、犬用のアレルギー性およびアトピー性皮膚炎にともなうかゆみを緩和する薬剤です。
日本でも最近、『アポキル錠』の名称で発売スタート! 犬用のアトピーの新薬です。
米国では発売当初、大人気となり品薄状態に!  特長は、即効性!副作用が少ない安全性!革新的な作用機序!

 

アポクエル(アポキル錠)は、オクラシチニブマレイン酸塩を有効成分とした犬専用の薬剤で、アレルギー性皮膚炎にともなう、かゆみや赤み、腫れなどの症状を緩和するほか、長期的な治療が必要となるアトピー性皮膚炎の症状にも優れた効果を示します。高い即効性をもつ経口摂取タイプの薬剤です。

 

従来のステロイド系の薬剤のような副作用は、比較的少ないとされています。
アポクエル(アポキル)をお使いの方の声はこちらです。

 

  

アポキル錠/アポクエル(Apoquel)3.6mg
アポキル錠/アポクエル(Apoquel)5.4mg
アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mg

 

 

 

 

 

 

 

 

アトピー治療の出費を抑えたい → ペット保険があります

とにかく費用がかさむ犬のアトピーの治療。大事な愛犬のためですが、なるべく出費は抑えたいものです。
 「犬」がどんな病気にかかりやすいのかを見てみると、「犬」で最も多いのはアレルギーや膿皮症などの皮膚病。また、ペットを飼っている人が動物病院に支払った年間の平均診察料金は「犬」の病気で平均51,592円。保険に加入していなければ、ペットの治療費は全額自己負担。経済的負担もかなりのダメージになります。ペット保険に入っていれば、例えば5割負担で費用が済む場合もあります。

 

 費用の面もそうですが、ペット保険に入っていれば、病気になった時に病院に診せてもらいやすくなる、ということがあります。ペット保険に入っていないと、
  「動物病院に行くとお金がかかるから、もう少し様子を見ておこうか…」
と、病気が悪化するような場面もあるかと思いますが、ペット保険に入っていればこのようなこともなくなります。治療費を気にせずに治療を受けさせてあげたいものです。
-----
以下のリンクから、日本国内でペット保険を取り扱う9社のうち、そのうちの7社から資料請求を行うことができます。無料で一度で資料請求できるのでラクチン。以前からペット保険が気になっていた人はぜひ資料請求をどうぞ。